実践的に学び、確実に実行できるように準備しておこう

知識詰め込みスタイルではなく、座学、実技、実演を盛り込んだ「体感しながら学ぶ講習」となっています。
訓練人形などを用いながら実践的に学んでいきますので他にはないリアリティーがあります。

講習は救命・応急手当講習の2部構成

救命講習

反応がない、呼吸停止といった命に関わる状態に陥っている場合の「救命」を目的とした応急手当、救命処置中心の講習となります。

胸骨圧迫と人工呼吸のやり方はより具体的に。どれくらいの圧を、どの位置に、どれくらいのスピードで行えばいいのか等を実践的に繰り返し一連の流れと共に学び、そのアクションをカラダに染み込ませるようにインプット。

【講習内容】
「心肺蘇生法」(講義・実演・実技)
ー救命処置の必要性について
ー日頃から気にしておきたい「平常時」との差。反応確認のポイント
ー普段と違う呼吸とは
ー気道の確保
ー心肺蘇生(CPR)~心臓マッサージ(胸骨圧迫)と人工呼吸

講習時間】90分

応急手当講習

【応急講習】
「救命」を目的とした応急手当の気道異物除去のほか、病気や怪我などの悪化防止、苦痛の軽減のためのファーストエイド全般についての講習となります。

実技を含みますが、主に実演、講義の中心講習となっています。

講習内容】
「応急処置」(講義・実演・実技)
ー異物を喉に詰まらせてしまった時の具体的な対処法
ー止血のポイントと処置法
ー包帯法による傷の保護、固定の仕方
ー骨折、火傷、熱中症など様々なアクシデント時の対処法

【講習時間】90分


交付】2部講座の全課程修了者にペット救命・応急手当技能認定証交付あり
【有効期限】2年間

Q.なぜ有効期限があるの?
民間資格として講習で学んだ事が無効になるというわけではありません。なのになぜ有効期限があるのかというと、せっかく学んだ知識や技術も半年もすれば忘れがちになってしまい、いざという時に対応できなくなってしまう可能性を考慮して。確実に救命・応急手当を行う事ができるよう定期的に講習を受けていただくことをBONJOUR Pet CPRは推奨させていただいています。


▶︎▶︎▶︎今後の講座開催予定

トップページのお知らせからご確認できます


※講習は犬猫対象となっております。
※講習内容は米国獣医協会、米国獣医師学会のガイドライン、JRC蘇生ガイドライン2015に沿ったプログラムとなっております。
※2部講座1セットでの3時間講習となりますが単発での講習開催も承ります。ご要望ございましたらご相談ください。


オンラインによるzoom講座

実技を伴わない座学中心に構成されたオンラインzoom講座の開催も承ります。ご要望ございましたらご相談ください。

zoomについては「オンラインzoom講座」から利用方法などがご確認できます